ちゃろさんの好きなコト

好きなモノやコトに目を向ければ、今日を少し良くできるかも。

Netflix『もう終わりにしよう。』を観る前と観た後に伝えたいこと

f:id:cyalosan:20210217164901p:plain

どうも、ちゃろです。

 

今日は、昨年私が一番リピートした映画

 

Netflixで配信された『もう終わりにしよう。』について書こうと思います。

 

youtu.be

 

内容について、沢山の人がレビューで考察を書いていますね。

この映画はどうやら少し難解な映画としてみられているようです。

 

私がこの映画を観た理由は、監督のチャーリー・カウフマンのファンだったからです。

 

チャーリー・カウフマンは脚本家として有名です。

エターナル・サンシャイン』や『マルコヴィッチの穴』などがそうです。

 

元々少し変わった作品を作っている、というか変わった作品しか作っていないチャーリー・カウフマンなので、今作もしっかり変わっています

 

なので、考察を求めてレビューを読みたい人が多いと思います。

・・・ですが、私のブログでは考察は書かないので、考察を読みたい方は他の方のブログをおススメします!!(ごめんなさい。。)

 

私が伝えたいことは、『もう終わりにしよう。』及びチャーリー・カウフマン作品はできれば3回観ることをおススメしたいということです。

 

「一回観ただけで謎が解けた!」と思っている方も、是非3回観ることをおススメします!!

 

私がチャーリー・カウフマンのファンなのは、彼の作品は観る度に発見があり、何度も観るうちに他の映画では得られない感動があるからです。

 

たとえば、ミステリー的な部分だけに注目して解明しようと考えて「ああ、こういうことか!」と理解した気持ちになっていたら、次観た時には、前回は全く見えなかった感情の部分に心を揺さぶられるということが多々あります。

 

それが、チャーリー・カウフマン作品の最高なところなのです!!

 

映画『もう終わりにしよう。』は、彼氏の実家に初めて訪れる彼女のお話です。

彼女は『もう彼とは終わりにしよう』と思っている。

実家(農家)へ向かう道中何度もそう思いつつも、彼と息の詰まる会話を続けます。

 

この道中の会話のシーンで、映画を観るのをやめてしまう人もいると思います。

でも、そこをどうにか頑張って観てほしいです。(個人の思いです)

 

そして、ストーリーが進むにつれ、物語の輪郭は段々あやふやになっていきます。

でも、そこをどうにか頑張って観ていただきたい!

 

そして、最後まで観終えて、なんだこれは!と思った人。

そういう人は、考えて考えて色々な予想を持ちつつ、考察レビューを読んで下さい。

 

そして、そこからです!!

 

考察レビューを読んで「そっかー」で、「はい、終わり!」となるところを、頑張ってもう一度観てみてください!!

 

景色が全然変わりますから!!

 

前には気づかなかった表情、しぐさ、風景。

壁紙一つ違う感情で解釈できるんです!!

そして気がついたら、あんなに理解できなかったはずの作品が、自分の感情にリンクするんです。

そして、慰められる。(それは私だけかもしれませんが)

 

チャーリー・カウフマンが伝えている感情は、誰しも一度は抱えたことのあるものだと思います。

設定が突飛で、理解に苦しむように一見思われがちですが、よく観ると共感する部分が沢山あります。

 

考察レビューで書かれていることは、大体合っているように思われて、読めば答を知ってスッキリすると思います。

私は本来答なんか知らなくても、何度も観ていると伝わってくるのではと思うところがありますが、やはり答え知りたいですよね!それはそれでいいと思います!!

でも、答を知ったあと、もう一度作品と触れてみることで、素晴らしい感動体験ができると思うのです。

 

そういう体験に、映画『もう終わりにしよう。』はうってつけの作品だと思います。

 

オススメの映画です!

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー