ちゃろさんの好きなコト

好きなモノやコトに目を向ければ、今日を少し良くできるかも。

疲れた人に。ドラマ『アボンリーへの道』



f:id:cyalosan:20210222175157j:image

どうも、ちゃろです。

 

今日は、ドラマ『アボンリーへの道についてお話ししたいと思います。

 

今、Amazon Prime Videoで観ることができます!

www.amazon.co.jp

 

このドラマは1990年から1996年にかけて、カナダで製作された大ヒットドラマです!

 

全世界140か国以上で放送されたようです。

シーズン7まであります。

 

・・・そう、シーズン7です。

 

私も長い時間をかけて、やっと観終えることができました!

 

このドラマは、『赤毛のアン』の作者で知られる、L.M.モンゴメリの作品『ストーリーガール』と続編『黄金の道』の内容と、さらに赤毛のアンの要素までちりばめられたオリジナル作品です。

 

内容

モントリオール(都会)に住むお金持ちの少女セーラは、父親が仕事の関係で罪を着せられてしまったため、亡き母の故郷アボンリー(田舎)に住む叔母の家に預けられる。

モントリオールとは全然違う生活。

アボンリー唯一の学校の教師である叔母は、厳しく頑固な独身女性だが、愛情深い実は良い人。

 

都会とは全然違うアボンリーでの生活に戸惑うセーラだったが、町の人々との交流の中で成長していく。

 

ざっくり言うと、こういう内容です。

 

美しいプリンスエドワード島を舞台にした、この作品。

美しい自然の風景。

アボンリーの人々の生活をユーモアたっぷりに、時に感動的に描いたドラマです。

 

観終えた感想は、「面白い!美しい!感動的!・・・でも田舎は大変だな」です。

アボンリーでは、噂話が生活の糧と言っていいくらいに、噂話が町一番のエンターテインメントです笑

あることないこと、すぐ噂になります。

 

観ていて「田舎はこれだからな・・・・」と何度も思いました笑

 

噂をしていたと思ったら、すぐにそんな噂は無かったかのように過ごします。

 

今風に言うと、何度も手のひら返しが繰り広げられます笑

 

でも、みんなアボンリーを愛しているという点で一致していて、根は良い人たちです。

 

主人公のセーラは、本当に美しい女の子が演じています!

とても演技がうまいです。

正義感が強く、冒険心いっぱいのセーラからは目が離せません。

 

セーラと一緒に住む叔母は、プライドの高い独身女性。

規律を重んじていて、キング家の者としてのプライドが凄いです。

他人にも自分にも厳しいのですが、いつもなんだかんだ失敗をする人間味のある人物です。

 

叔母の一族、キング家の人々も物語の主人公です。

叔母の家から少し離れたところにある、キング農場を経営する叔母の弟一家

 

この家族の子供たちとセーラは日々過ごしています。

子供たちの昔っぽいイタズラや、思春期の様子などがこのドラマの見どころの一つです。

 


海外ドラマ「アボンリーへの道」シーズン1~7 <「赤毛のアン」スピンオフ>海外ドラマ専門チャンネルAXN

 

いやーこのドラマ。

本当に精神的に癒される以外なかったです。

噂話ばかりしている町の人々にイラつくこともありますが、現代の悩みに比べればどれも大したことはないです。

 

最近は重いテーマのドラマが多いです。

ドラマだけでなく、アニメまで残酷なシーンが多いですね。

 

このドラマは刺激を欲していない人にお勧めしたいです!

 

このドラマより私の中でリラックスして観られるのは、ドラマ「フレンズ」くらいです。(アメリカの90年代のシットコム

 

日々に疲れている人や暗いニュースなどから解放されたい人にも、特におすすめしたいドラマです!

 

プライバシーポリシー