ちゃろさんの好きなコト

好きなモノやコトに目を向ければ、今日を少し良くできるかも。

業務スーパーデビューした感想

f:id:cyalosan:20210130140427j:plain

業務スーパー

先日はじめて業務スーパーへ行った。

名前は聞いたことがあったが、たくさん買い物をする人しか用がないお店だと勝手にイメージしていて、行ったことがなかった。

 

ある日、カンブリア宮殿だったと思うが、テレビで業務スーパーのことを偶然やっていたのを観て、変わったオリジナル商品があることを知って行ってみたくなったのだ。

 

私が行った店舗はそんなに広くなく、普通のスーパーといった感じだった。

テレビで観て混雑しているイメージだったが、そんなに混んでいなかった。

 

商品はとても安い!と思うものから、これは普通のスーパーと変わらないなと思うものまで色々あった。

 

価格の安さというより、私的には海外からの輸入品が多いことに一番テンションが上がったKALDIとかにあるようなものが置いてあるのだ。

 

f:id:cyalosan:20210130141451j:plain

グリーンカレーヌードル

このグリーンカレーヌードル以外に、トムヤムクンヌードルも買ったけど食べてしまって写真がない・・・けど、とても美味しかった!!

その他にも輸入品のピクルスの瓶詰とか、調味料やお菓子がたくさんあった。

 

f:id:cyalosan:20210130142415j:plain

オートミールとはるさめ

せっかく業務スーパーに行ったので量の多いモノも買いたいと思い、1kgのオートミールと300gのはるさめも買ってみた。

毎朝オートミールかシリアルを食べているので、大量に入っていて嬉しい。

オートミールは、1kgで確か300円台だったと思う。安い。

はるさめも大好きなので嬉しい。

 

そして、今回の一番の目的だったオリジナル商品

f:id:cyalosan:20210130143127j:plain

牛乳パックに入ったスイーツ

これです!牛乳パックに入ったスイーツシリーズ。

 

今ある設備で他の商品を作ろうということで生み出された商品らしい。企業努力ですね。すごい。

 

チョコババロアの方を食べたけど、味もとても美味しい!

いや、こういったら失礼だけど、スーパーで売っているスイーツ類って少し濃厚じゃなかったりするじゃないですか・・・

まだチョコババロアしか食べてないけれど、思っていたよりとても濃厚でした。

 

はじめての業務スーパーは、思っていた場所とは全然違いました。

家族が多い人たちや爆買いしたい人たちのお店というイメージがあったけど、おひとり様でも全然楽しめる場所だった。

私はそんなにたくさん食べるタイプではないけれど、海外の商品とかは見ているだけでとても楽しいし、オリジナル商品も色々あって全然飽きない。

そして美味しい。

 

また行ってみようと思う。今度はピクルス買いたいな。

 

狭い部屋には『マキタの掃除機』

f:id:cyalosan:20210128132221j:plain

マキタ CL107FDSHW

昨年ギックリ腰になった。

 

原因は掃除機だった。恥ずかしながら掃除機でギックリ腰になったのだ。

吸引力があって重いコード付きの掃除機を使っていた。

よくモノに引っかかるので、中腰になって引っかかりをとらなければならないことが多かった。

その日も、いつもどおり引っかかりをとっていたらギックリ腰になったのだ。

 

私の運動不足が一番の原因だったが、この狭い部屋で何故こんなにも大きい掃除機を使っているのかと少し落ち込んだ。

実は掃除機で身体を壊したのは、それが初めてではなかった。

とにかく相性が悪かった。

なので、その掃除機は人にあげて新たに狭い部屋向きの掃除機を買うことにした。

 

私が選んだのは『マキタの充電式クリーナCL107FDSHW 10.8Vバッテリー付き』

 

 この掃除機を選んだ理由は

 

1.軽い。

2.充電するときバッテリーを取り外せて、充電場所が自由。

3.紙パックが付けられる。

4.充電時間が短い。

5.価格が高すぎない。

 

の軽いは、もっと軽い掃除機もある。しかし、他のだと価格が高い

 

は本当に重要で、よくコードレスの掃除機で内臓バッテリーの据え置き充電器のものがあるが、あれはスペースをとられるので嫌だった。

f:id:cyalosan:20210128134422j:plain

左が充電器、右がバッテリー

 

の紙パックは、いちいち掃除のたびにゴミを捨てるのが面倒だったので、紙パックが使えるものが良かった。(私が面倒くさがりなだけなのだが・・・)

 

の充電時間について詳しく書こうと思う。

私が買ったのは10.8Vバッテリーで、標準稼働が約25分。充電時間は約22分のものだ。

稼働時間が25分と長くない。これは注意する点だと思う。

広い家では、25分でバッテリーが切れると全体を掃除することができない。

なので広い家の人がもしこれを買うとしたら、サブ的な扱いが良いと思う。

逆に狭い家や部屋で使う人にとっては、25分で十分なこともある。

私がそうだ。

稼働時間は短いけど、この掃除機の最大に良い点は充電時間の短さだ。

他のコードレスの掃除機もみたけど、稼働時間は長いが充電に何時間もかかるものが結構あった。

その点この掃除機は、もしバッテリーが切れても22分後にはまた使用できる

f:id:cyalosan:20210128140049j:plain

バッテリーは持ち手部分に差し込む

の価格だが、標準価格は2万円くらいだけど、Amazonとかで安く売ってることが多く、私は15000円くらいで購入した。

 

というわけで、この掃除機を買って本当に良かった!!

 

今までは、掃除する時とても嫌な気持ちになっていたけど、この掃除機になってから軽い気持ちで掃除を始められる。

何より掃除をしていて身体が楽なのだ。

 

でも、掃除中に中腰になったくらいでギックリ腰になるのは本当によくない。

ストレッチと軽い運動を始めないと・・・

 

 

 

疲れた心と体に、漫画『るきさん』

book

f:id:cyalosan:20210127133817j:plain

漫画『るきさん

私のブログ名にある『ちゃろさん』

なに自分で『さん』つけてるんだよ、と思われるかもしれない。

 

映画『ピンポン』で、ペコ役の窪塚洋介が「さん、くれろ。ペコさん、そう呼べ。」と言ったセリフが思い出されるが、『ちゃろさん』のさんは漫画『るきさん』への憧れからつけたものだ。

 

漫画『るきさんは1988年から1992年に連載されていた高野文子さんの作品だ。

今でもとても人気があり、2015年に新装版が発行されている。

 

主人公『るきさんは、都内に住む30代くらいの独身女性で、仕事は在宅で医療保険の請求書の処理業務をしている。

一週間で一か月分の仕事を終えてしまい、自由な時間を自由気ままに過ごしている。

 

るきさんの親友えつこさんはオシャレなOLで、二人のやりとりの面白さがこの漫画の見所だ。

この物語はバブル期の東京を舞台にしていて、この漫画を読むたびにバブルって最高だなーと思う。(やっぱり余裕を感じざるを得ない)

 

でも、バブルが崩壊し昔のように余裕がない今の時代にこそ、この物語は必要なのではないかなと思っている。

 

親友のえつこさんは、いかにもバブル期のOLといった感じだが、るきさんからはバブルの匂いがしない。

しいて言うなら、いまは在宅のそういう仕事では生きていけないくらいだろうか。

 

るきさんの生活は実に質素だ。

でも、無理して質素に生活しているわけではない

 

るきさんは大好きな切手を集め、大好きな本を図書館に行って読み、えつこさんから貰ったお古を嬉しそうに着ている。

バブル期の女性とは思えないような生活だが、るきさんはいつも自分の欲望にしたがっている。

まったく周りに流されない。とてつもなくマイペースなのだ。

 

私もそうなりたい。

 

だいぶ近づいてはきているが、なかなか難しい。

特にファッションに関しては周りがワーワー言ってくる。

こうしたほうがよいとか、髪型はこのほうがとか・・・

私は今の流行りが好きではない。

オーバーサイズの服が流行っているが嫌いだし、髪にカラーとパーマをするのが当然なのはおかしいと思っている。

 

ということで、るきさんに憧れている。

 

この漫画は四コマ漫画みたいな感じなので、気軽に読むことができる

 

内容もクスっとする感じで、読んだ後は気持ちが少し楽になっている

オールカラーの薄い本なので読みつかれることもないと思う。

疲れた現代人にこそ、漫画『るきさん』おすすめです。

 

るきさん (ちくま文庫)

るきさん (ちくま文庫)

  • 作者:高野 文子
  • 発売日: 1996/12/01
  • メディア: 文庫
 

 

 

電動歯ブラシは強い味方です

f:id:cyalosan:20210126132656j:plain

電動歯ブラシFairywill P11

20代の半ばに、親知らずをいっきに三本抜いた。

 

医者に「一本ずつ抜きます?それともいっきに抜きます?」って聞かれて、嫌なことは一度に終わらせたい性格なので、三本いっきに抜いてもらうことにした。

手術当日は、大勢の研修医に囲まれながら麻酔で意識を失った。

起きたら親知らずはなくなっていた。

 

それから十年以上たつけど、後悔している。

 

私は下の歯並びは結構よい方だったのだけど、30歳くらいに気がついたらガタガタになっていた。

あのいっきに三本親知らずを抜いた以外に原因が思いつかない。

多分あれが原因だと思う。

 

ということで、下の歯並びが悪くなってしまって虫歯も出来やすくなってしまった。

 

歯並びが悪いと一生懸命みがいても、みがき残してしまうことがあるのだ。

 

ということで、電動歯ブラシを買った。

 

買ったのは三カ月くらい前。

 

使用し続けてみて、本当に買ってよかったと思った。

 

私が買ったのはFairywill P11だ。

 

これに決めた理由は替えブラシの価格だ

 

電動歯ブラシのツライところは、替えブラシがとても高いところだった。

元々あった電動歯ブラシの替えブラシは、4本で3000円くらいしていた。

 

Fairywill p11は、そもそも電動歯ブラシ自体が4000円位なのだ。

しかも、替えブラシが8本もついてくる

 

替えブラシも4本1000円くらいで買える。

 

さらに、この電動歯ブラシの良い所は2時間の急速充電で30日間もつところだ。(1日2回2分計算)

 

一回のブラシ時間が2分間で、30秒ごとにブルブル震えて知らせてくれる。各サイクルで約6,2000回ブラシが動くらしい。

私は足りないので倍の4分間やっている。

 

そして、これは個人的に一番推しているポイント『デザインが格好よい』

 

f:id:cyalosan:20210126135527j:plain

外箱

まず、箱から格好よかった。この外箱を取ると

f:id:cyalosan:20210126135608j:plain

とても質感のよい箱

やたら質感のよい箱がでてくる。捨てられないので困っているくらいだ。

f:id:cyalosan:20210126135713j:plain

おしゃれすぎる箱たち

さらに開けたらこうなっている。もうおしゃれ過ぎてテンション上がりっぱなしでした。

 

f:id:cyalosan:20210126135825j:plain

中身(替えブラシはこれで全部ではない。計8本入っている)

電動歯ブラシ本体と充電ケーブル、旅行などに持ち運ぶ用のケース、替えブラシ8本、なぜか他のガジェットも充電できるようになのか変換端子もついている。

 

 

f:id:cyalosan:20210126141443j:plain

旅行用に持ち運べるケース

持ち運び用ケースには二本歯ブラシを収納できるので、他の家族の分も一本入れられる。

 

f:id:cyalosan:20210126141612j:plain

ゴールドの部分が光る

モードがクリーン、ソフト、マッサージと三つあって、本体のゴールドの部分がモードによって光り方が変わる。

充電中もここが光って、充電が終わると光が消える。

 

というわけで、本当にこの電動歯ブラシを買ってよかったのだが、ひとつだけもう少しこうだったらなという点がある。

 

それは、歯ブラシのやわらかさだ。

もうちょっと硬めのがよかった。

 

でも、それは替えブラシを買うときに硬めのを買えばいい。

 

歯並びが悪い人は電動歯ブラシを買った方がよいと思う。

 

電動歯ブラシは強い味方ですよ!

セルフお灸はじめました

f:id:cyalosan:20210125132446j:plain

お灸はじめました

冬の寒さのせいか、最近体調がよくない

突然、腰やおなかが痛くなったりする。

夏はこんなことそんなになかったのに、冬の寒さのせいだと思う

 

あとは、年のせい

 

若いころは、冬でもジャケットとスカートで過ごしていた(北海道でだ)

なのに今は、ダウンにヒートテックに、レグウォーマーに・・・

 

運動とか食べ物を改善すればよいのだと思うけれど、どうやったらいいのかわからない。

 

特に運動は何度も挫折している。

はり切ってやり始めるせいか、すぐに筋を違えたりどこかを痛めたりと体を壊してしまうのだ。

 

というわけで、セルフお灸をはじめた

 

いや、セルフとか不安すぎる。

でも、藁にもすがる思いではじめてみた。

 

f:id:cyalosan:20210125133150j:plain

お灸のAIKUREI

Amazonで200個入り1300円くらいのものを購入した。

温度に種類があって、とりあえず初めてなのでソフトタイプ(温熱41度)にした。

 

f:id:cyalosan:20210125133433j:plain

お灸と説明書

中身はこんな感じで、たくさんのお灸と説明書が入っている。

説明書にはツボマップが描かれていて、それを参考にしてやっている。

 

f:id:cyalosan:20210125134150j:plain

お灸

背面がシールになっている。結構強力な粘着力なので落ちたことはない。

 

ひとりの時は手や足など、目が届きやすく灰が落ちないように角度を調整できる場所をやっている。

誰かに頼めるときは、背中など見えない部分に貼ってもらう。

 

はじめてみて思ったのが、効いているのかとかはともかく、とても気持ちがよい

もぐさの香りも落ち着くし好きだ。(煙いのが嫌いな人は好きじゃないかも)

 

効いているなと感じたのは、腰痛のとき。

腰に直接お灸したときは痛みが軽減した。(私の場合は)

 

お灸は火をつけたら4~5分放置するんだけど、その間熱すぎると感じたら剥がして違う個所に移動するといいらしい。

 

あと、お灸は精神的にもよい気がする

もぐさの香りの中、灰になっていくお灸を見ていると落ち着く。

 

実は私は病気をしていて、結構強い薬を飲んでいるので、痛み止めなど薬はあまり飲みたくない。

もし、お灸で少しでもよくなるなら有難い。

そういうわけで、最近東洋医学にも興味がある。

 

youtubeで、この方の動画を最近よく見ている。


冷え性、低体温の意外な原因と改善法!〇〇を改善すればよくなる【漢方・東洋医学】

 

 

お灸についてもそうだけど、色々学んでいきたいと思う。

 

 

 

愛おしいカメラ『Canon EOS M6』

f:id:cyalosan:20210123141102j:plain

Canon EOS M6

いま、フルサイズセンサー搭載のミラーレスカメラが賑わっていて、YouTubeでもよく動画になっている。とにかく人気がある。

フルサイズなのにミラーレス。素晴らしい!私もいつかは欲しいと思っている。

 

でも、昨年私が買ったのはセンサーサイズAPS-Cの、しかも発売されてから大分時間が経っている『Canon EOS M6』だ。

 

なぜ今更M6・・・なんならM6のⅡも出ているのにだ。

 

理由は、私の性格にある。

 

私は新しいモノ、発売されたばかりのモノを買う勇気がない。

しかも、少しでも安いものを買いたいと思ってしまうところも背中を押してしまっている。

こんな最新のモノを買っても私はいかしきれない」とか、「こんなにお金出すほど私の写真への愛は深くない」などなど・・・頭をよぎってしまうのだ。

なので、いつだって型落ちのモノを買ってしまうのだ。

 

関係ないが、服も大体古着だ。

 

カメラに話を戻すが、私が今まで持っていたカメラはほとんどが高級コンパクトデジタルカメラと呼ばれる類のものだった。

 

一眼レフも持ったことがあるが、海外旅行をした時に重くて、写真を撮るときに気持ちが上がらず撮らないことがあって、それ以来コンパクトデジカメしか買ってこなかった。

 

でも、今はコンデジレベルで軽いミラーレスがある。

そういう理由で、久しぶりに一眼レフを買ってみた。

 

今回ミラーレスを買ってみて、やっぱりレンズを交換できるのって最高だなと思った。

f:id:cyalosan:20210123145805j:plain

Canon EF-M22mm F2 STM

レンズを交換するだけで、撮れる写真が全然違う。

今度別でブログに書こうと思うけど、オールドレンズをつけて撮るのも本当に面白い。

 

さらに、液晶画面がチルト式で撮りにくい角度の時にとても便利だ。

f:id:cyalosan:20210123153841j:plain

画面角度を変えられる

f:id:cyalosan:20210123153822j:plain

自撮りもできる

 

本当に、このカメラを買ってから写真を撮るのが楽しいのだ。

 

このカメラを買う前に、私が最新のカメラに対して思っていた「こんな最新のモノを買っても私はいかしきれない」とか、「こんなにお金出すほど私の写真への愛は深くない」とか、そしてこのカメラで妥協しましたみたいな経緯を、全て撤回したい。

そして、謝りたい。

本当にごめんなさい。あなたは素晴らしいカメラです。

大分前に発売されたらしいけど、全然今でも素晴らしいです。

 

f:id:cyalosan:20210123151846j:plain

M6で撮影した写真

f:id:cyalosan:20210123154401j:plain

M6で撮影した写真

元々はファインダー絶対派だったのだけど、今回ファインダーがないタイプ(別売りで後付けできるファインダーはある)を使用してみたが全然大丈夫だった。

ただ、天気が良すぎると画面が見にくくなって不便な面もある。

そのうち別売りのファインダーを買うかもしれない。

 

冒頭に書いたとおり、このカメラは発売してから大分時間が経っている。

なので、人にオススメするかと言われると分からない。

 

でも、このブログでは本当に好きなモノ、今心躍らせているモノについて書いていきたいと思っている。

 

とにかく軽くて見た目も愛おしい、このカメラ。

大好きだ。

 

 

 

Canon 単焦点広角レンズ EF-M22mm F2 STM ミラーレス一眼対応

Canon 単焦点広角レンズ EF-M22mm F2 STM ミラーレス一眼対応

  • 発売日: 2012/09/30
  • メディア: エレクトロニクス
 

 

 

 

 

 

 

私の中からも消えていくのか_小説『密やかな結晶』

 

密やかな結晶 新装版 (講談社文庫)

密やかな結晶 新装版 (講談社文庫)

 

 大好きな脚本家Charlie Kaufmanが今度映画化するということで読んだ本。

 

あらすじ

その島では、人々の記憶から突然モノの存在が消えてしまう。

香水、ラムネ、鳥・・・あらゆるモノが消滅していく。

前日まで存在していたモノが、ある日突然起きた瞬間に消える。

人々は目覚めとともに何が消えたかを悟るのだ。

 

島の人間は全員同時に同じモノの記憶が消えるが、なかには消えたモノの記憶がなくならない人々もいる。

そういう人々は、島にいる秘密警察によって連行されていく。

どこに連れていかれるかはわからない。

 

主人公は小説家。あらゆるモノが世界からも自分自身からも消えていく世界で物語を紡ぐ。

モノが消滅していく世界で生きる人々の物語。---

 

 

この小説を読んでいて小さい時のことを思い出した

 

子供の頃、祖母の家に行くと置いてあったお菓子。

私は1980年生まれだが、同じ世代の人は大体一緒だと思うが、祖母の家のお菓子と言えばルマンドとかピカピカした包み紙に入ったキャンディーだった。

そのピカピカした包み紙はとても綺麗で、大切なモノのような気がして、ちゃんと折ってしまっておいたりもした。

 

あの感覚はどこへ?お菓子の包み紙への気持ちとは一体何だったのだろう。

 

また、小学生の時に買ってもらったバッグ。

貰ったときはドキドキワクワクして嬉しかったが、あのバッグは最後どうなったのだろう。

 

そういう思い出が、本を読んでいる時何度も湧き上がってきた。

 

そして気が付いた。

 

大人になった今、モノに対しての気持ちが子供の頃に比べて、とてつもなく儚く一瞬であることを。いや、一瞬もないことがあることを。

 

そのことに気が付いて愕然としてしまった。

 

しかし、上には上がいる。

私のパートナーは9歳年下なのだが、この件について話してみたけど全然ピンときていない様子だったのだ。

彼ももう30歳なのだから言っている意味は分かるだろう。

ただ、ピンとこないだけなのだ。

 

この現象は小説を読んだことのある人なら、「あーあの感じね」と思ってもらえるだろう。

 

しかし、これは仕方がない面もある。

 

消費社会の今、なかなかモノへの気持ちが湧きにくい。

あんな立派なスマホですら二年で買い替えだ。

 

パートナーが子供の頃、プレゼントと言えばゲームだったらしい。

レトロゲームを愛している人とかは別だけど、ゲームは次々と新作が出るので愛着を持ちにくい面がある。

 

そして、服はユニクロなどの大量消費型になってきている。

 

赤毛のアンの時代とは、服の存在価値が違う。

 

突然赤毛のアンの話を書いたけど、アニメ『赤毛のアン』ではアンが日常で着ている服はワンピースが三着だ。

マシューからクリスマスに盛袖のワンピースをもらった時の喜びは、現代に生きる私たちには想像もつかないだろう。

 

でも、消費社会は止まらない。

 

毎年NHK系で放送されている『欲望の資本主義』という番組がある。

 

資本主義は頑丈だ。資本主義は止まらない。

 

気付かなかっただけで、私の中からも色々なモノが消えていくのだ。

 

この本を読んだ人の心が、動くうちは大丈夫だろうか・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

プライバシーポリシー